認知症の義父の介護、疲れます。

2年前の義父は、シルバーカーを押しながら自分で買い物に行っていました。
近所のコンビニまで、普通の大人が歩いて5分のところを約30分かけて。
お店の中で1時間位物色、帰りに30分、でかけたら2時間は戻ってこなかった。
コンビニのスタッフさんには迷惑かけたかもです。

そんな義父、この2年で変わりました。
現在、一人で出来ることは食事をすることくらいでしょうか。
自分の部屋からほとんど出ません。
「散歩とかして足を使わないと歩けなくなるよ」
何度も繰り返してきた言葉、今は廊下も這って来ます。

老人介護って結局、下の世話?

高齢になれば、何をやるのも億劫になってきます。
自分自身、何もやらなくていいなら、な~んにもしたくないけど^^

義父、まずトイレに行くのが面倒になってきました。そして間に合わないのです。
部屋に簡易トイレを入れても間に合いません。

義父と紙パンツ

それなら紙パンツにしましょうか?と。

まず、何回説明しても前と後ろがわかりません。
前後ろならまだしも、足を入れるところがウエストの部分にきたり、(窮屈だろうな・・・・)。

「オシッコが出たらさらのと取り替えといて!」
穿き替えることがわからないらしくて、汚れたらその上に穿く。また汚れたらその上に。
最高6枚重ねて穿いていました(-_-;)中の3枚は綺麗なままだったけど。

紙パンツを穿いていても、部屋のトイレにすることもあって、でもほとんど失敗!
ズボンを濡らし、トイレまわり汚し。
「紙パンツはいているんだから、汚すのならパンツの中でしてください!」

義父に紙パンツを渡しておいたのではいくらあっても無駄になる。
自分でできるからと、紙パンツにしていたけど、脱がせて穿かせて、結局は全部手伝わなければ無理。
ウンチもトイレに行かずに紙パンツでするようになった時、紙オシメに変えました。

義父と紙オシメ

紙オシメに変えてから3ヶ月、朝昼晩の3回交換。
パットも使っているので、よほどのことがなければ、オシメ1日1枚でOK!
紙パンツの時のように頻繁に買いに走ることも少なっくなったし、ゴミの量も減りました。

そのうえ、ツナギパジャマにしてからは、自分でオシメをはずすこともなくなって洗濯物の量も減りました。
紙パンツや紙オシメを嫌がる老人も多いと聞きますが、義父は全然大丈夫でした。

あっちこっち、オシッコで汚していたころの義父の部屋、ドアを開けるのも躊躇うほどでした。
最近は、大丈夫!
わが家は今、体臭・尿臭を除去してくれる『アタック 消臭ストロングジェル』と尿臭の発生を抑える『リセッシュ 除菌EX 消臭ストロング 』これに助けられています。

スポンサーリンク
アドセンス