近所の人たちと宴会をすることになって、お酒を仕入れに「酒のやまや」へ行ってきました。ワインやウイスキーは夫に任せて、私は店内を散策。

「サンマー麺」見~つけた!

大好きなんだよね、サンマー麺。これは買って帰るしかないでしょう^^

ニュータッチ、凄麺シリーズ「サンマーメン」3個で540円。

 


スポンサーリンク


サンマー麺 って、何?

 

サンマー麺って秋刀魚が入っている?なんてもう誰も思っていませんよね。

ニュータッチの凄麺シリーズって京都・喜多方・和歌山・札幌・・・ご当地ラーメンがたくさん発売されています。どれもそこそこ無くなっていたのになぜかサンマー麺の棚だけあまり売れていませんでした。

これって、やっぱりネーミングのせい?

 

サンマー麺とは。

 

漢字で書いたらサンマー麺は「生馬麺」と書きます。

広東語の読み方で『サン  マー』

 

生(サン)は「新鮮でしゃきしゃきした」と言う意味。 馬(マー)は「上に載せる」と言う意味があります。つまり新鮮な野菜や肉をサッと炒めてしゃきしゃき感の有る具を麺の上に載せることから名付けられたと伝われているのです。

                            かながわサンマー麺の会より引用

しゃきしきと炒めたモヤシとトロ~とした醤油味のスープ、たまりませんね。

 

ニュータッチ 横浜発祥サンマー麺(凄麺シリーズ)のカップ麺とは

 

具材に調理済みの生タイプのモヤシとニンジンが入っています。

2016年に発売していたとは・・・知らなかった。

希望小売価格が210円(税抜き)

今回、3個買ってきたので680円になるところが、3個で540円。

 

 ← こちらがサンマー麺です。

 

ヤマダイニュータッチ凄麺シリーズ 横浜発祥サンマー麺(六代目)1ケース(12食セット) 取り合わせ自由・2箱まで同梱可能!

 

12個入りで2,721円プラス送料だから

カップ麺は近所のお店で買うのが一番ですね^^

 

カップの中には「かやく」「粉末スープ」「調味油」「もやし・ニンジン」

粉末スープってだいたい先に入れるのに、このサンマー麺は後入れ。

液体スープはついていません。

もやし・ニンジンには少し汁が残っているから、その汁は捨ててください。

 

最初はトロミが少ないかな~って感じたけど、かき混ぜている間に結構なトロミ。

味はあっさり系の醤油味なので、スープまで完食。

ごちそうさまでした。

 


スポンサーリンク


サンマー麺 (ニュータッチ凄麺シリーズ)を食べてみた感想

 

 ←ニュータッチの凄麺シリーズってこんなにあるんです。

 

ただ、一つのお店に全て並んでいるってことはあまりありませんよね。

 

全部食べてみたいときは、通販で購入っていう方法もあるけれど、やっぱりちょっと高いかもです。

和歌山や佐野・京都や博多とんこつなどはどこにでも売っている感じですね。

 

食べた感想です♪

美味しかったけれど、私はニュータッチの「横浜もやしそば」の方が好きです。

なんでだろう・・お値段が安いってこともあるけれど、あのフリーズドライされたもやしのシャキシャキ感がやっぱりいい(・∀・)イイネ!!;

 

横浜もやしそばが食べた~い!  食べました。